ハゲ改善!治療方法を探る

ハゲ改善!治療方法を探る

HOME >>  ハゲについて > ゆっくりと忍び寄ってくる

ゆっくりと忍び寄ってくる

ハゲはゆっくり時間をかけてジワジワと確実にやってきます。若い頃はフサフサで、まさか自分がハゲるとは想像もしませんでした。でも30歳を過ぎる頃から何となく危ない感じになってきました。朝起きると枕元にたくさん抜け毛が落ちているのが気になりました。でも最近は枕元の抜け毛さえ見かけなくなりました。ハゲが進行する際には抜け毛が多くなるのと同時に、髪の毛が細くなっていきます。

また後頭部や側面や前髪はまだ大丈夫なのに、頭頂部だけどんどん広範囲に薄くなっていきます。若くて髪がフサフサだった頃は、真冬でも夜寝ていて大丈夫でした。でも今は真冬には毛糸の帽子をかぶらなければ頭頂部が冷え切って眠れません。今更ながら髪の毛とは本当に有難いものだと感じられます。

昔から髪には海藻類が効くとよくいわれます。そのため一時期ワカメや昆布を意識的にたくさん食べていました。でも思った程の効果も得られずに、いつのまにかあまり食べなくなりました。確かにミネラル分は豊富なので体の健康のためにはよいでしょうが、直接髪の毛が増えるという感触は得られませんでした。
また太くて硬い髪質の人はハゲにくいといわれます。確かに周りにいる友人や知人で硬い髪質の人でハゲている人はいません。自分の場合は、とても柔らかい髪質です。女性は髪質が柔らかくても大丈夫ですが、男性で柔らかい髪の人は要注意なのかも知れません。

ハゲは遺伝するものでしょうか。実は私の父親は年を取っても今だにずっとフサフサなのです。自分の例ではハゲは遺伝とは関係ない気がします。もしハゲが遺伝性のものでないとしたら何が原因だったのでしょうか。例えば生活習慣病の原因は、偏った食事や運動不足や不摂生などが原因となるのはわかります。でも家族で同じものを食べていてもハゲたりハゲなかったりするので、全く一筋縄ではいきません。ハゲは男性にとっては永遠のテーマです。いつの日か、人類はハゲとおさらばできる時が来るのでしょうか。1日も早くその日が訪れることを願うばかりです。

© 2014 ハゲ改善!治療方法を探る All Rights Reserved.