ハゲ改善!治療方法を探る

ハゲ改善!治療方法を探る

ハゲ治療の種類

20代や30代、早ければ10代後半から始まる場合もある若ハゲ。この若ハゲ治療にはどのようなものがあるでしょうか。

男性の若ハゲで多いのは、AGA(男性型脱毛症)といわれる症状です。
頭のてっぺんや生え際の髪の毛が部分的に抜け落ちてきて、地肌が見える状態になるのが特徴で、女性に多いびまん性脱毛症とは異なります。

なぜ男性の方が薄毛になりやすいかというと、抜け毛は男性ホルモンであるテストステロンの乱れによる影響が大きいため、と言われています。
この男性ホルモンが酵素などにより乱れると、毛髪の成長を阻害したり、毛周期(ヘアサイクル)に異常が起きて毛髪の寿命が縮まってしまうというメカニズムのようです。
一般的に、男性の毛周期は3〜5年とされていますが、若ハゲ(若年性脱毛症)の場合は数ヶ月〜1年程度まで短くなるようです。

若ハゲには遺伝的な要因もありますが、不規則な生活習慣によるものが大きいとされています。
特に現代人の生活に多い、過度なストレスや睡眠不足、偏った食生活、運動不足はホルモンバランスや血行を悪くし、毛髪に必要な栄養素を行き渡らせなくします。
若いうちは新陳代謝も活発なので、早めに治療をすれば効果を発揮しやすいとも言われています。

若ハゲ治療の前提となるのが生活習慣の改善で、食事・睡眠・運動を規則正しく適切に行うことが非常に重要。これによりホルモンの乱れを改善したり血流を促進させるベースを作るのです。
これと平行して、ホルモンバランスを整えたり血行促進効果のある育毛剤を利用したり、AGA治療専門のクリニックに通うという方法もあります。

若ハゲ治療の育毛剤やクリニックで処方される薬には副作用が出るものもあるようなので、利用の際は十分注意しましょう。

M字はげ対策室

M字はげ対策室

男性の深刻な悩みである薄毛・抜け毛の中でも、「M字はげ」と呼ばれる症状をクローズアップ。その原因から改善法までを探るサイトです。
© 2014 ハゲ改善!治療方法を探る All Rights Reserved.